こんにちは!

サンスポットのミウラです。

 

本日は、ご自分でタイヤ交換をされる方に

注意していただきたい点をお話しします。

 

まずはコチラの写真を

ご覧ください!!

 

 

そうです!!

すでに”違和感”を感じられている方も

多くいらっしゃるでしょう””

 

 

良く分からなかった。。。という方も

これなら分かるかな??

 

 

ここで「何がオカシイの?」と思った方には

ぜひ知って欲しいお話です。

 

 

これは、クルマを整備していると

時々お目にかかる症状だったりしますが、

 

 

簡単に言うと、

ホイールナットが逆向きなのです (*□*)

 

 

 

本来はホイールナットのテーパー部側が

ホイール側に向くのが正解”なのですが

※こちらはネットでの拾い画像です。

 

 

こちらのナットのように”貫通”構造になっていると

逆向きにもナットを入れる事ができるため、

 

ご自分で冬タイヤなどに交換された方など

向きを間違っている車を時々目にします。

 

こちらは”一般的な60°テーパーナット”ですが、

ホンダ純正球面ナットやトヨタ他純正平面座ナットなど

全く形状の異なる物もあるので、

 

そのホイールに合ったホイールナットを

正しい向きで取り付けていただく必要があります。

 

信じたくない話ではありますが、

中古で購入した車のタイヤ交換をしたら、

 

テーパーナットを使用するホイールに

球面ナットがついていたなんて話も。。。

 

 

もちろんほとんどの方が構造を理解し、

シッカリと取り付けされているのですが、

間違っている方がいらっしゃるのも事実です。

 

ココは雪国新潟ですので

もうすぐ冬タイヤへの交換時期がやってきます。

 

ご自分でタイヤ交換される!という方は、

ナットの向きにもご注意下さいね!!